RECRUITING BLOG

リクルートブログ

各部署の部長にインタビュー(設計・建築・リフォーム統括:黒田部長)前編

◆どのような人材を求めているのか、各部署の部長にお話しを伺いました◆

設計・建築・リフォーム統括部長:黒田部長 男性

伊勢住宅入社日:1999年8月(勤続24年目)

神戸大学工学部建築学科を卒業しました。その後大手ゼネコンに入社し、ビルやホテル等の大型物件に携わりました。当時は1級建築士の資格を取得する為に2年間の実務経験が必要でしたので、2年後に無事取得しました。ゼネコンでは建築の最先端を学び、勉強になったと思います。家族は妻と成人した娘が2人、愛犬が1匹です。

趣味は、読書、ファッション、ショッピング、映画鑑賞、絵画鑑賞ですね。お出かけするのも好きで、先日は家族4人で京都に行ってきました。祇園白川の桜がとても綺麗でしたよ。最近は家族との時間を大切にするように心がけています。

特技は思考を深め、物事の本質を見る眼を持つ事です。

高石市 伊勢住宅 採用 求人 募集

Q.伊勢住宅に入社したきっかけは?

人の為に建築で貢献がしたい、と思いました。建築というものは、アートとテクノロジーが両方できるんです。子供の頃から物作りが好きで、自然と建築に惹かれていきました。そこに住まう家族が心豊かに住める住まいを作りたいと思ったんです。さらには自分を育ててくれた地元大阪に恩返しがしたかったんですね。泉大津出身ですので、身近な企業で地に足の着いた仕事をしたいと思い、大手ゼネコンから伊勢住宅への転職を決めました。31歳頃の話しです。

Q.どういう人材を求めているか?

陰ひなたなく真摯な人がいいですね。人が見ていないところで手を抜くような人が1番嫌いですので、何事も真剣に取り組む人がいいです。人とより良いコミュニケーションを取れる能力と、相手の心に寄り添える謙虚さがあれば素敵ですね。

高石市 伊勢住宅 採用 求人 募集

Q. 指導するにあたって、心がけていること

自分にとってどうか、ではなくて施主様にとって良いと思える判断と決断ができるように育ってほしいと思っています。その判断と決断を絶えず行い続けること、そのベクトルが当社全員が共有する一番大切なものであります。その方向に向かって技術力とコミュニケーション力を向上事させていく事が一番大事だという事を伝えています。例え自分たちがミスをしても言い訳することなく、間違えた事に誠心誠意向き合って対応する、相手から言われるのではなく自分の意見で行う、それが一生悔いの残らない仕事だという事です。

次回「各部署の部長にインタビュー(後編)」に続きます。